CIC英語幼児園(若松校・小倉校)は、英語で楽しく園生活を送りながら社会性を身につけます。2歳児のプリスクール【プレスクール】・母と子の英会話ペアスクール

International Kindergarten

<非表示>

IT革命は確実に世の中を変え、ADSLの普及とともに、インターネットは私たちの生活の一部になって来ました。
そして英語教育革命が当学園から始まっています。
アジア30カ国中29位、世界142位。何の数字でしょうか。
これは日本人の2002年TOEICの試験結果です。英語教室は日本中にあり、学校でも英語教育に力を入れているにもかかわらず、なぜ日本は英語の後進国になっているのでしょうか。日本人は英語を習得する能力が他国の人に比べて劣っているのでしょうか。
アメリカで生まれ育った日本人は英語の方が日本語よりも上手になることから、そんな事はないはずです。それは日本人が特に英語に弱いのではなく、第一に語学学習最適齢期(6歳くらいがピーク)を利用していない。第二に英語習得に必要な時間・量が十分でない(週数時間の学習では不十分)。第三に自然に楽しく学べる環境が取り入れられてないことです。

CICの園児たちは伸び伸びと楽しく園生活を送りながら、毎日ネイティブの英語に触れ、英語を自然に身につけています。
苦労して英語を学習した我々世代にとっては羨ましい限りです。
英語教育革命が確実にCIC英語幼児園で進行しています。
「百聞は一見にしかず」。是非ご見学下さい。
学園長 中山進

  • 対象:3~5歳の幼児(4月1日時点)
  • 内容:午前中は英語と日本語による活動。
    昼からは週2回のエアロビのレッスンと英語の活動。
    毎日規則的に英語の歌、ストーリー、フォニックス、テーマに沿った活動を通して英語を習得していくだけでなく、経験豊富で長年幼児教育に携わっている日本人職員が音楽、図画工作、体操その他の活動を担当し、幼児の表現力、健康、社会性、協調性を養育していきます。
    幼児の健全な成長と幼児の持つ能力を最大限に伸ばすために英語教育に偏らず、バランスの取れた幼児教育を実施しています。
    卒園生は日本の小学校に問題なく適応しています。

若松校コース

プログラム 時間 回数 費用 備考
通常プログラム 10:00am~2:00pm 週5回 ¥37,000/月  
After School Program 2:00pm~3:00pm 週5回 ¥8,200/月  
延長保育プログラムc 10:00am~6:00pm 週5回 ¥52,000/月 7:00pmまで延長可6:00pm以降(\200/15分)
延長保育プログラムD 7:45am~6:00pm 週5回 ¥58,000/月  

小倉校コース

プログラム 時間 回数 費用 備考
通常プログラム 10:00am~2:00pm 週5回 ¥39,000/月  
After School Program 2:00pm~3:00pm 週5回 ¥8,200/月  
延長保育プログラムC 10:00am~6:00pm 週5回 ¥57,000/月 7:00pmまで延長可6:00pm以降(¥200/15分)
延長保育プログラムD 8:00am~6:00pm 週5回 ¥62,000/月  
※延長保育の費用にはAfter School Program と英語による延長保育の費用(おやつ代、その他) も含まれます。
※入園金、年間維持費、教材費等詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

英語に触れる時間の増加について

若松校では2004年度から延長プログラムの中で、英語に触れる時間が更に週5時間増えました。
After School Classへの参加希望者が多く、04年度から外国人講師が一人増員されることになりました。これで延長保育時間中に英語による活動の時間を増やすことが出来るようになりました。英語の時間を毎日1時間増やすことで、その効果は大きなものがあると考えています。
幼児園のプログラムの中では幼児教育の性格上、昼休みや日本語による活動など時間的な制約があるため、英語に触れる時間が一日平均2時間位になります。
毎日2時間でもかなりの成果はあがっているのですが、一般的に家庭で英語に触れる時間が殆どない状況を考慮すると、英語の自然習得の可能性を更に高めるために英語の時間を増やす必要性を感じておりました。小倉校でもASCを導入し、更なる英語力向上に努めています。

09年度からの変更点
  • 09年度より歌、劇、ロールプレイ、ストーリー等の他に、読み書きも取り入れ、卒園時にはある程度読める、書けるようになり、Follow-up クラスでの学習にスムーズに移行できるようにする予定です。

中国語レッスンについて

世界経済における中国の存在が相当に大きくなっています。
特にアジアでは中国が政治経済の中心になってきました。日本も中国と相互依存の関係を維持しながら共存していく道を選択せざるを得ないと考えられます。
これからは英語と中国がアジアにおいては重要な言語になります。
中国語は音の抑揚をマスターするのが難しい言語です。音の吸収が柔軟な幼児のうちに中国語に慣れ親しんでおこうと考え、実験的に中国語のレッスンを2004年度に導入しました。
子供たちの能力はすごいもので中国語にも何の抵抗も無く慣れ親しんでいました。何か国語でも、環境さえ整えば、習得する能力を持っていることを実感させられました。小倉校でも2007年から中国語を導入しています。
ただひとつの危惧は保育の時間が短く、他の活動の時間が不足気味になるのではないかということでしたが、中国語導入のメリットのほうが大きいと今は判断しています。
今後も良い講師がいて、環境さえ整えば中国語、または隣国の韓国語を導入して行こうと考えています。

園の活動

エアロビレッスン週2回、サマーキャンプ、レクリエーションデイ、英語合宿(K5)、ピクニック、ハロウイーン、クリスマス、Children's Show(発表会)、ハイキング、芋ほり、動物園、博物館訪問など
※他幼稚園からの転園の場合は入園金が半額免除になります。ただし前園からの入園金の領収書が必要となります。証明する物がない場合は免除になりません。
※園の制服はありません。紫外線予防の帽子とT-Shirtのみ必要となります。

若松校のご案内

北九州市若松区塩屋3-7-8
Tel.093-695-3866
Fax.093-695-3867
地図を確認する

小倉校のご案内

北九州市小倉北区霧ヶ丘2-1-40
(西鉄霧ヶ丘二丁目バス停側)
Tel.093-932-8661
Fax.093-932-8662
地図を確認する
  • 保護者専用サイト当幼児園からのお知らせなどをご確認ください。
    ※閲覧するためにはユーザ名とパスワードが必要となります。