CIC英語幼児園について

NPO法人CIC英語幼児園の教育理念(基本方針)

CIC英語幼児園は、将来、グローバル社会で活躍できる人材の育成に努めています。
幼児はいろんなことに好奇心を持ち、物事をどんどん吸収する時期であり、バイリンガル教育にも最適な時期です。子供の持つ能力を十二分に伸ばしてやるのが、我々の責任と認識しています。
国際的な環境の中で、語学教育・全人格的な教育・生涯教育を踏まえ、英語による幼稚園教育のほか、1,2歳児教育、卒園生のためのクラスまで、幅広い活動をしています。
特定非営利活動(NPO)法人として活動をしており、行政からの経済的な支援はありませんが、公益法人としての自覚を持ち、幼児教育・英語教育に取り組んでいます。少しでも良い学習環境を提供し、将来国際人として活躍できる人材の養成に努めています。

特色

毎日を英語で生活する、英語イマージョン教育
毎日英語の環境の中で生活し、英語を自然に、生活の手段として習得してゆきます。

英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ
園生活はあくまでも、自然に楽しく。

国際色豊かな環境
国際感覚が自然に身についていきます。

故・井深大氏(ソニー創業者)の「井深アピール」の実践
英語教育を積極的に取り入れ、語学だけでなく、異文化を肌で感じられる環境づくりをしています。

沿革

1983年CIC英語幼児園の前身となる、CIC英語学園を設立。
1995年幼児教育に重点を置くため、若松区鴨生田地区へ移転。
2005年特定非営利活動法人(NPO法人)CIC英語幼児園へ、校名変更。
2007年小倉校開校。
2010年若松校、若松区ひびきの地区へ移転。

COPYRIGHT(C) CIC English Kindargaerten
All Rights Reserved.